INFORMATION PC

ファーウェイ王国ファンミーティング MateBook編 #HWJTT2016

投稿日:2016年12月2日 更新日:

続いては、2in1PCとなるHuawei MateBookについてご紹介。

いわゆるタブレット部とキーボード部が分かれる感じのPC。類似商品としては「ASUS TransBook T90 Chi」とか「iPad Pro」シリーズといったところになるだろう。

製品の売り

高精細で狹額縁な液晶

12インチの液晶に2160×1440ドットの高精細な液晶を搭載していて、しかも本体は軽い。
mb-01

キーストローク

1.5mmを確保していて、従来の2in1PCとは異なる打鍵感となっている。打鍵感は従来のPCに近いなど他機種と比べてかなりのアドバンテージを感じた。

mb-02 mb-03

ペン

ペンは別売りだが、大手某社の技術を採用していて筆者の使っているVAIO ZのN-Trigとは別物。例として絵心はないがささっと絵を描いてみたが、筆圧も良好でお絵かきにもよいのではと思った。

価格

直販ならキーボード付き76,000円からと競合と戦える金額になっている。mb-04ペンが別売りで…とかいろいろあるが、最下位モデルならそろえても10万円を割る価格でWindows 10の2in1PCと考えると結構いい感じなのではないか。

まとめ

超絶安い訳ではないものの、Atom-x3以上のプロセッサを搭載し、高精細な液晶、重さ、高級感などどれをとっても満足いく感じのPC。是非。ぶっちゃけほしい。

 

-INFORMATION, PC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

HUAWEI Touch and Try Tour 2016 in 品川 #HWJTT2016

ファーウェイでは製品の紹介として以下の日程で「Touch and Try Tour 2016」を行っている。   【終了】2016年11月18日(金)~20日(日) 名古屋・名鉄百貨店[メンズ館]前 …

PC Watch主催の「夏のCPU殻割り大会」に参加した

昨日開催されたPC Watch主催の「夏のCPU殻割り大会」に参加したのでレポ。 殻割りとは CPUのヒートスプレッダと基板・コアを分離させること。ヒートスプレッダとコアの間に利用されているグリスを高 …

LGAソケットのピン曲がりは泣ける

先日、CPU(他もろもろ)を新調してHaswell-Eの最上位モデルであるCore i7-5960X Extreme Editionを導入しようとした作業中に事故は起こった。「また初期不良を引いたのか …

ASRock X570 TaichiでRyzen 9 3900Xを動かす

遅くなりましたが、これの続きです。 ASRock X570 TaichiでRyzen9 3900Xを導入する(導入編) CPUの概要 AMD Ryzen9 3900Xは12コア24スレッドのCPUです …

ASRock Z390 Taichiで組む8-Core ALL 5GHz PC(完成編)

Ryzen第3世代、めちゃくちゃ速いっすね…(正直乗り換えたい) ASRock Z390 TaichiにCore i9-9900Kを使った8コア5GHz PCの完成編です。スペックは前回のページにて。 …