PC

PC Watch主催の「夏のCPU殻割り大会」に参加した

投稿日:

昨日開催されたPC Watch主催の「夏のCPU殻割り大会」に参加したのでレポ。

殻割りとは

CPUのヒートスプレッダと基板・コアを分離させること。ヒートスプレッダとコアの間に利用されているグリスを高性能なものに塗り替えることで、廃熱の効率を上昇させる。

殻割りの方法としては、原始的にカッターなどでゆっくりシール剤をはがす「カッティング法」。最近の流行は「万力法」といって万力ではさむ事でヒートスプレッダを外す。Skylake世代で基板が薄くなり難易度が上がった。

「万力法」を安全に行うためのキットが「Rockit 88」であり、Kickstarterで販売されている。LGA115x系のCPU専用となっている。

ニコニコ生放送でも実施されたので見れる環境の人は是非どうぞ。→http://live.nicovideo.jp/watch/lv268051975

やってみた

生放送終了後の読者参加型コーナーで実際にRockit 88を使ってCore i5-4690Kを割ってみたのでレポート。

割ったCore i5-4690Kは4C/4Tで3.5GHz/TB=3.9GHzで動作するDevil’s Canyon(Haswell Refresh)モデル。

Rockit 88にセットして

P1000026

パッカーン
P1000029

PC Watchの検証環境で無事起動を確認。P1000032

と、簡単安全にCPUを割ることができた。実際の効果は後ほどレビューしたい。

まとめ

Rockit 88を使うと非常に簡単にCPUが殻割りできる。ただし動作保証はない。

楽しい時間をすごせました。PC Watch編集部に感謝。

関連リンク

アナタもCPUを殻割りしてみませんか? – PC Watch

-PC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファーウェイ王国ファンミーティング MateBook編 #HWJTT2016

続いては、2in1PCとなるHuawei MateBookについてご紹介。 いわゆるタブレット部とキーボード部が分かれる感じのPC。類似商品としては「ASUS TransBook T90 Chi」とか …

ASRock Z390 Taichiで組む8-Core ALL 5GHz PC(完成編)

Ryzen第3世代、めちゃくちゃ速いっすね…(正直乗り換えたい) ASRock Z390 TaichiにCore i9-9900Kを使った8コア5GHz PCの完成編です。スペックは前回のページにて。 …

ASRock B450 Steel Legendを競合他社と比較してみた上で、組んでみた。

※指摘いただいた誤りを修正しました。   最近の自作界隈はDeskminiといいASRockが席巻してますね。ギガ一筋の私は辛い時期に(。 ところで、マシンを組み立てていた友人のPCが燃えた …

AMD、”Zen2”コア採用のRyzen 4000Gシリーズを8/8にリリース

AMDは、Zen2コアを採用した「Ryzen 4000Gシリーズ」を8/8に国内でリリースするとした。なお、パッケージ版ではなく、いわゆるバルク形態での販売。 Ryzen 4000Gシリーズでは、内蔵 …

ASRock Z390 Taichiで組む8-Core ALL 5GHz PC

今回はASRock Z390 TaichiにCore i9-9900Kを組み合わせ、8コア5GHzを目指したいと思います。 ASRock Z390 Taichiのポイント ASRock Z390 Ta …